UX探訪記

UIデザインやUXデザインに関する記事を集めたり書いたりしています。

UX関連記事 (2019/2/18)

この週末は UX Hong Kong に参加してきました。また改めてレポートしたいと思いますが、英語の必要性を感じたのと、それ以上にこういった海外のカンファレンスに積極的に参加する必要性を感じました。
さて、先週一週間くらいで私の気になったUX関連の記事を紹介します。

グーグルは聴覚障害者向けアプリの提供で、アクセシビリティの向上に挑む (WIRED.jp)

聴覚障害をもつユーザー向けのアプリに関する記事です。
一通りの機能を見てみると、聴覚障害をもつ人だけでなく、英語を聞き取るのが難しい人とか、騒音のひどい環境にいる人など、様々な状況で重宝しそうで、昨今トレンドになっているインクルーシブデザインに通じるものがあります。
それにしても、これらをすべて無料で出してくるあたり、Googleはすごいですね。

スライダーを使いやすくする4つのクリエイティブな工夫 (UX MILK)

スライダーのコントロールに関する記事です。
いくつかの例と一緒に、スライダーの使い方や、課題の解決策について記載されています。
1番目の項目はユーザーが選択しやすくなる場合とそうでない場合があるので注意が必要そうです。
最後の4番目の項目は、課題をうまく処理していてなるほどと思いました。

標識「落石のおそれあり」を見てどう対処? (デザイン思考と本質追究を楽しもう♫)

道路標識に関する記事です。
こちらの標識は、私も意味を勘違いしていました。
早く通り過ぎたほうがよいと考えるのと、注意深く行こうと考えるのとではかなりの違いがありますね。
ただ、本来の意味を知ることは大事ですが、それをそれぞれの自発的行動に委ねるのではなく、デザインそのものを変えるべきなのかもしれません。

行ったり来たりするサイトは情報設計ができていない証拠 (UX TIMES)

サイトの情報構造に関する記事です。 ここで取り上げられている例はホテルプランの比較ですが、こういった表示はよく見かけるように思います。
ユーザーが何をしたいのか考えつつ、情報をデザインしていく必要がありそうです。

9 Ways Prototypes Improve Your Design Process (Usability Geek)

プロトタイプを活用する利点についての記事です。 9項目にまとめられていますが、3番目はいかにも海外の記事と言える内容です。
個人的に大事だと思ったのが 6番目で、案をいろいろ空想するより見える形にするほうが納得感を持って決めることができそうです。
最後の Conclusion にも忘れてはいけない大切なことが書いてあります。

The master list of 2019’s UX conferences (Inside Design Blog)

今年行う予定の海外のUXイベントがまめられています。 私がちょうどこの週末に行ってきたUX Hong Kong も載っていました。 海外のイベントは英語の問題が大きいですが、それ以上に得るものも多いと思います。
特に他の国のデザイナー、リサーチャーと話ができるのは刺激になりますし、自分や自分の会社の立ち位置を見つめるきっかけになりますので、参加してみるのもよいのではないでしょうか。
ちょうど時を同じくして、以下の記事でもUXイベントが紹介されていました。重複するイベントが多いですが、念のため紹介しておきます。
20+ UI/UX Design Conferences Worth Visiting In 2019 (EtonDigital)
UX conferences you can't miss (Justinmind)

UX関連記事 (2019/2/11)

最近自宅で扉を修理しました。ドアノブの締め直しや蝶番の取り換えなど、インターネットを参考にするとかなり上手に修理できました。インターネットのない時代、これらは全部業者任せだったかと思うと隔世の感がありますね。
さて、先週一週間くらいで私の気になったUX関連の記事を紹介します。

画面の見すぎで目が疲れたら、「ダークモード」をお試しあれ (WIRED.jp)

暗い背景で閲覧するダークモードに関する記事です。
今までは明るい背景が主流でしたが、今後は暗い背景になるようビジュアルを調整したり、その場合でも問題なく利用できるようユーザビリティを再確認したりする必要が出てきそうです。
個人的には、ダークモードは MS-DOS の時代に逆戻りしているように感じてしまいます。。

Webが進化中!参考にしたい話題の最新ウェブデザイン30個まとめ (PhotoshopVIP)

デザインの秀逸な Web サイトを集めています。
最近のトレンドであるパララックススクロールやムービーのバックグラウンド再生などが使われているものが多く、どのサイトも素晴らしいと思いますが、個人的には1番目のサイトが好みです。
ただ、中にはスマホで見るとどう操作したら良いのかわからないようなものまであり、それはちょっとやり過ぎなのではと思います。

Skypeから考える、デザインリニューアルの失敗について (CrowdWorks Designer Blog)

アプリなどのリデザインについての記事です。
Skype を例にとって、リデザインの難しさや目的意識について説明されています。
古いデザインのままだと信頼性にも影響するので、見た目を新しくする、ということは確かに必要ですが、その際はより本質的なユーザー体験のリデザインも考慮すべきだと思います。
この記事で触れられているように、そこにはユーザーニーズの分析・理解が必要そうです。

旅行業界における「店舗」の価値とは。池袋パルコに生まれた、“旅のはじまり”を作る空間が教えてくれたこと ー H.I.S. (XD)

リアル店舗の価値に関する記事です。
今まで店舗は旅先が決まってから訪れるものだったのが、その前、旅先を決めるときに訪れるように設計されたと説明されています。
これを旅行ならぬジャーニーマップで考えると、従来想定していたステージだけでなく、その前のステージにもタッチポイントを設けたとということになり、興味深いです。
まず旅欲を掻き立てる、というような視点は、ほかのサービスにも適用できるのではと思います。

Bad UX that Made Me Think I Am Stupid (Prototypr)

巷のBad UXについての記事です。
この手の記事は問題点の指摘に終わりがちなところがありますが、この記事ではそれぞれの問題点が解説されているだけでなく、解決策についても画像を加工するなどして具体的に示されていて、わかりやすいです。
個人的には2番目に紹介されている電気コンロが難しすぎてわかりませんでした。

UI is UX (Sketch App Tricks)

UIとUXについて、その関連性も含めて記載している記事です。
海外の Web 記事で "UI/UX" という表現を使っているのはあまり見ないので興味深かったです。
前半に書かれているUI/UXの事例紹介も面白いのですが、特に後半に書かれている UI/UX原則は、パフォーマンスや直感性などのキーワードに対して、UIおよびUXの双方から考慮すべきポイントがそれぞれまとめられて、参考になります。
「UIはUXだ」と言い切ってしまうと、それはそれで誤解を招くわけなのですが、ちゃんとそこに込められた意味を理解するということが何より大事だと思いました。

UX関連記事 (2019/2/4)

節分で豆まき(取るほう)に行ってきました。みんなが一斉に手を伸ばして「こっちこっち」となっている様は、小説の『蜘蛛の糸』をほうふつとさせます。あれは豆をまくほうは楽しいだろうなぁ。
さて、先週一週間くらいで私の気になったUX関連の記事を紹介します。

シンプルは複雑だ。よけいな要素を簡素化してUXを向上させるコツ (Workship MAGAZINE)

]

シンプルなサイトやサービスを作ることに関する記事です。
シンプルを実現しているのは複雑なことをシンプルに見せる努力があるということで、確かにここで紹介されているサービスも、裏では大変な議論があったのだろうと想像できます。
ミクロ的な視点でのシンプルということで、パスワード忘れの事例が紹介されていますが、いつもやっていて当たり前だと思ってしまうようなことでも、もう一度考え直す必要があることを示す良い例だと思います。

AIスピーカーで彼女と仲直りできたワケ (プレジデントオンライン)

スマートスピーカーに仲裁役を担ってもらうという記事です。
別にスマートスピーカーを使わなくても仲直りできるんじゃないの?というのは穿った見方は置いておいて、ここで重要だと感じるのはスマホが個人のためのデバイスなのに対して、スマートスピーカーは家族のためのデバイスだということです。
そのうちに、わざわざ仕組まなくても、そこにいる人たちの関係や状態に合わせてアドバイスをしてくれるようになるのではと思います。

人間中心設計とは?HCD資格保有者が難しいことばを使わず徹底解説 (UX JUMP)

人間中心設計についての解説記事です。
少し長めの文章ですが、人間中心設計の定義やプロセスについてわかりやすく書かれています。
具体的にプロセスを回すための手法については詳しくは書かれていませんが、「身近な人を喜ばせるところから始める」と記載のある通り、まずはマインドが大事なのだと思います。

あなたはデザインを見る目と判断する知識を備えているか、勉強にもなるUIデザイン検定問題 -Can’t Unsee (コリス)

UI の細かな問題点をみつけるクイズです。
初級編はすぐに問題点を見つけられるのですが、上級編は一体どこが違うのかわからず。 思わず立体視して見てしまうほどですが、わかる人にはわかるのでしょうか。
ちなみに私のスコアは 6730点でした。皆さんは何点でしたでしょうか?

The Problem With Power Users (Usability Geek)

パワーユーザー、日本語でいうと熟練者と呼んでよいように思いますが、そういう人たちに対する考え方についての記事です。
パワーユーザーを重視しすぎると、初心者向けの対応やユーザビリティの課題などがおろそかにある可能性について書かれていて、「彼らはユーザビリティコンサルタントではない」というのはその通りだと思います。
パワーユーザーは声が大きい傾向にあると思いますが、その辺りを意識してバランスを取りながら製品やアプリの設計を行う必要がありそうです。

23 expert opinions on UI Design Trends 2019 (UserZoom)

UX関連の専門家23人が2019年のUIトレンドについてコメントしています。
すべて読むのは骨が折れますが、それぞれエッセンスがツイート用にまとめられているので、それを読むだけでも参考になると思います。
全体としてフラットデザインタイポグラフィなど、様々なテーマが登場しますが、中でもアクセシビリティに触れている人が多いです。
もはやアクセシビリティ対応は特別なものではなくなっているのかなと感じます。

UX関連記事 (2019/1/28)

先日UX関連のセミナーを実施してきたのですが、いつも思うのが、こちらとしても UXとかUXデザインに対して改めて気持ちを新たにする機会になっているということです。まさに「教えることは教えられること」ですね。
さて、先週一週間くらいで私の気になったUX関連の記事を紹介します。

UXを専門外の人に説明するために準備しておくべきこと (UX MILK)

UXをよく知らない人、懐疑的な人に対して説明するという記事です。
有名な図をもとに説明されていますが、こういった一枚ぺらの資料を用意しておくとよいのかもしれません。
個人的になるほどと思ったのが、収益が上がる以上に、価値があるという点です。
対外的に継続的な利用を促しブランディングにつながったり、内部では顧客視点が浸透して開発の手戻りを防げたり、などといった部分も強調する必要がありそうです。

サンフランシスコで体験したロボティクスのユーザーエクスペリエンス (プルーヴ)

飲食店にロボットが導入されている事例に関する記事です。
大きめの写真が使われていて、わかりやすいです。
ロボット化された店舗がどうUXに影響するのかについてはあまり記載されていませんが、人の手に触れず清潔であること、待たされないこと、などでしょうか。
ロボットが作っているということそのものも大事で、それを眺めて楽しめるのも良いUXだと言えますが、こういった体験はそのうちコモディティ化していくのかもしれません。

ビジネスの成長の鍵は「マイクロコンバージョン」にある!マイクロコンバージョンの考え方と最適化方法【保存版】 (Workship MAGAZINE)

最終的なコンバージョンに向けて小さいチェックポイントを用意するという、マイクロコンバージョンについての記事です。
確かにいきなり最終的なコンバージョン(マクロコンバージョンと説明されています)を狙ってサービスをデザインしても、無理が発生してしまいそうで、その価値を伝えるためいくつかのポイントを設けて、エンゲージメントを高めておけると良さそうです。
最後のほうにカスタマージャーニーが出てきますが、マイクロコンバージョンと親和性が高そうに感じます。

The Dangers of Overpersonalization (Nielsen Norman Group)

過度のパーソナライゼーションの問題点についての記事です。
同じのばかり出てきて飽きてしまうとか、思考の偏りが助長されるといった点については以前から指摘されていた問題点ではありますが、それらがわかりやすくまとめられています。
個人的に感じている大きな問題点は、自分がパーソナライズされていることに気づけない場合もある点で、せめてそうした状態にあることを伝えられるとよいのではと思います。
いずれにしても、パーソナライゼーションの利点について述べた記事は多いものの、もう少しこうしたネガティブな点の議論もしたほうが良いように思います。

The 8-second rule (UX Collective)

Webなどの閲覧時、人の集中力は8秒しか持たなくなっているという話です。
金魚よりも短いと書かれていますが、金魚はWebを見ないので妥当な比較なのかなんとも言えません。。
ただ、多くの情報が溢れる中、すぐに別の場所へ行ってしまうのはもはや日常的なので、記事の中で書かれているような、コーチング画面を出すなどといった工夫が必要なのだろうと思います。

These are the songs designers listen to when they want to get in the zone (Inside Design Blog)

デザイナーが集中したいときに聴く曲の紹介記事です。
多くのデザイナーが一曲ずつ挙げていて、それらをプレイリストとしてspotifyで聴くことができます。
これらを聴けば効率が上がるかというと、ちょっと怪しい気がしていて、みんな自分の好きな曲を選曲しているだけのような気もしますが、試しに今度このプレイリストをつけて作業してみるのも面白いかもしれません。
なお、この中で私が一番好きなのは The Cure の「Friday I’m in love」です。

UX関連記事 (2019/1/21)

落花生とピーナッツが同じものだと最近初めて知りました。いや、食べれば味は同じなので、そんな気はしていたのだけど、今まで両方をいっぺんに考えることがなかったから確信が持てなかっただけなのかな、と思っています。。
さて、先週一週間くらいで私の気になったUX関連の記事を紹介します。

デジタルサービス開発においてフローチャートを作成するメリットとコツ (Goodpatch Blog)

画面遷移などでのフローチャート作成に関する記事です。
条件分岐などを盛り込んで抜け漏れを防げたり、全体像を可視化できるなど、そのメリットや注意点について書かれています。
重要だと思ったのが、全体の作業見積もりがわかるという点です。
詳細なUIデザインに入る前にボリューム感がわかり、それを元に妥当性のあるスケジュールが立てやすくなると思います。

「5人でユーザテストすればユーザビリティ上の問題のうち85%が見つかる」の元ネタ論文を解説する (Mikio Kiura)

ユーザーテスト、ユーザビリティテストの推奨人数がなぜ5人なのか?についての記事です。
元の論文を参照しつつ、わかりやすく解説されています。
「マジカルナンバー7」などのケースとは違って、元の話が誤解されているというわけではないようですが、どういう理由によるのか、ちゃんと理解することの必要性を感じます。
この論文にも先行論文がありそうなので、そっちもさかのぼって確認する必要があるとなると厳しいですが。。

待ち時間の体験を向上させるスプラッシュスクリーン (UX MILK)

モバイルアプリの起動画面、スプラッシュスクリーンについての記事です。 いくつかの実例を見ることができますが、どれも心地よく感じるものになっています。 最近は起動直後スプラッシュスクリーンを表示せず、「プレースホルダーUI 」と呼ばれる UIの枠だけ表示するような画面で待たせrうパターンも増えています。
ただ、こうして見ているとスプラッシュスクリーンも悪くないなと思います。

逆転の発想から生まれたクールなデザイン雑貨4選 (@DIME)

今までなかった発想で課題解決をしているものを紹介した記事です。
逆転の発想かというと、1番目と2番目はやや違う気もしますが、今までの考え方とは違う切り口であることは確かです。
これらはアイデアを思いつくだけなら何とかなりそうですが、そこから実際の製品として世に出すまでがかなり高いハードルだと思います。(まだでていないものもありますが。)
そのあたりの苦労話も聞いてみたいです。

Should we move from Human to Interaction-Centered Design? (UX Collective)

人間中心設計からインタラクション中心設計にパラダイムシフトすべきか?というタイトルですが、細かく読んでいくと、インタラクション中心に据えたほうが人間中心になるのでは、という論調になっています。
確かにペルソナの性格や行動にフォーカスするより、人々同士あるいは人とシステムとのやり取りにフォーカスしたほうが、どうデザインすべきか見えやすいかもしれません。
そのためのツールとして思いつくのが、サービスブループリントやカスタマージャーニーマップですが、この記事にならうと「その人の性格だからそうなる」というよりも「その人と対象物のやりとりにおいてそうなる」と考えたほうがよいのかなと思いました。

The Secret Design: Designing Trash (Webdesigner Depot)

ゴミ処理業者のWebサイトを作成する際の話です。
クライアントがかなり厄介で、結局失敗に終わるストーリーになっていて、読んでいて悲しい気持ちになります。
どの程度事実なのかわかりませんが、クライアントがあまり協力的でなかったり、「あのサイトのようにしたい」と言うのが文字通りの意味だったり、というのは、私たちの身に起こらないとも限りません。
いくつかの出来事が後から考えると警告だった、とのことで、そういったものを敏感に察知して対策を立てるか、距離を置くかを選択していかなければならないのかなと思います。

UX関連記事 (2019/1/14)

まだあまり雪は降りませんが、車でお出かけするときに備えてスタッドレスが欲しいなと思っています。でも降雪の頻度のわりにコストはかかるし、タイヤ置く場所ないし・・・で買えずじまい。悩ましいところです。
さて、先週一週間くらいで私の気になったUX関連の記事を紹介します。

クライアントにUXデザインを理解してもらうためには?成功事例を聞いてきた (UX MILK)

UX デザイン導入についてのインタビュー記事です。
プロジェクトの中でどういったかたちで手法を使っていったのか、詳しく説明されています。
クライアントの納得感が大事で、それに気をつけながらプロセスを進めたというのはなるほどと思います。
一方で、それだと気を使いすぎて合意可能な落としどころを探してしまい、有効なアウトプットにつながらないケースもありえると思います。
そういった場合にどうバランスを取るのか悩ましいなと思いました。

消費者との「対話」「パーソナライズ」……19年のデザイン (日経クロストレンド)

2019年のデザイントレンドについてです。
何人かの人がそれぞれキーワードを挙げて説明されており、興味深い内容が多いです。
最初の「ストーリーから対話へ」というのは個人的にも今後重要になると考えていて、ストーリーから対話にシフトするのかは何とも言えませんが、ストーリーを伝えるだけでなく、フィードバックを引き出すことも今後大切になってくるのだろうと思います。
これ以外のテーマについては少しずつしか書かれてないので、もう少し深く知りたいように思います。

2019年、UIとUXデザインのトレンドを解説!デザインのテクニックやツール、ブラウザ、フォントも進化している (コリス)

こちらも 2019年のトレンドということで、主にwebサイトにおける展望についてまとめられています。 すでにトレンドと言われて久しいものもありますが、1番目のwebブラウザーの話と、6番目の可変フォントの話が興味深かったです。 特に後者は、今後これが進化していけば、サイトの自由度がかなり増すだろうと思います。

CD屋というユーザーエクスペリエンスが素晴らしい (編集長の孤独な日々)

CDショップのUX に関する記事です。
音楽と出会う体験をオンラインのサブスクリプションモデルでも実現したほうがよい、という内容で、私もその通りだなと思います。
スマートスピーカーで音楽を聴いても、知っている曲しか聴けない、たくさん曲はあるはずなのに、と感じることが多いためです。
ただ、CDショップはそこに行くこと、つまり音楽を探すことを目的に出かける必要があり、オンラインでそのプロセスを省略しつつ、どういうように体験を届けるのかが難しいところです。

What to Do If Users Mistap Your Icon Buttons (UX Movement)

モバイルの場合のアイコンボタンに関する記事です。
タップしやすくするにはどうすればいいか、イラストを多用してわかりやすく解説されています。
ミスタップをどう防ぐか、ということで、タップ可能エリアなど説明されていますが、アイコンボタンの場合は、アイコンが何を意味するかわかるか?というのも必要不可欠な要素だと思います。

Design vs User Experience meme (Syndicode)

デザインとUX に関する画像を紹介しています。
文章はほとんどありませんが、おそらくデザインがユーザーに届いていないということが言いたいのだと思います。
ユーザーが猫たちだというのがユニークですが、以前ニールセン・ノーマングループがエイプリルフールに「猫中心設計」という記事を書いていたのを思い出しました。
いずれにしても、デザインをちゃんとユーザーに届けることがユーザー体験向上に寄与する、ということを端的に伝えるために、この画像はまたどこかで引用できそうに思います。

UX関連記事 (2019/1/7)

あけましておめでとうございます。まだ年明けでエンジンがかかりませんが、1か月たっても2か月たってもエンジンがかからない、なんてことがないように気を付けます。。 さて、先週お休みしたので、年末年始の二週間くらいで私の気になったUX関連の記事を紹介します。

優れたデザインは「不自由への共感」から生まれる (Forbes JAPAN)

著名なデザイナーのジョン・マエダのインタビュー風記事です。
「不自由への共感」というのはなかなか深い言葉ですが、そのあたりの内容は主に前半に書かれているようです。
本文で書かれているように、「ターゲットを決めるということが、それ以外の人を仲間はずれにする」というようなことにはならないとは思いますが、こういった内容を見ると、UXデザインの使命はテクノロジー民主化にあるのでは、と考えさせられます。

消えるUX (小山田翔子 / GMOペパボ)

SNSなどで自分が残したログが消えていく体験についての記事です。
確かに私たちは普段話したことが記録されていくわけではないので、消えていくほうが自然です。
ログを残すと、後からそのときとは異なる空気感でそれらが顧みられることになるので、本来良くないことなのかもしれません。
ただ、消えるというだけがその解決策ではないような気もしているので、そのあたり自分でももっと良く考えてみたいと思います。

カスタマージャーニーマップに落胆した君へ (in0in0)

カスタマージャーニーマップの課題などについて記載した記事です。
主にカスタマージャーニーマップ作成の目的についてと、共感するということの意味について記載されていて、示唆に富んだ文章です。
前者については、結局ツールは使ってそのあとどうするかが大事ということで、UXデザインの取り組みそれ自体についても、ジャーニーを意識する必要があるのかもと思いました。
後者については、いかに自分事にするのか、というのがポイントなのかなと思います。

ユーザビリティとは?「高い」や「低い」の使い方からわかりやすい例までチェック (CHEWY)

ユーザビリティに関する記事です。
ユーザビリティについての説明や、他の用語との関連などがわかりやすく説明されていて、アクセシビリティとの違いや UI、UX との関係も参考になります。
興味深かったのが、これが「ビジネスマナー」のカテゴリーで紹介されているところです。
確かにユーザビリティを高めることは、今の時代もはやユーザーに対するマナーと言ってもいいのかもしれません。

Top 10 UX Videos of 2018 (Nielsen Norman Group)

ニールセン・ノーマン・グループが公開しているUX関連のビデオから、昨年中に人気の高かったものについて紹介しています。
1番目と6番目はどちらもドン・ノーマンが似たような話題について話していますが、個人的にはこの2つと、4番目の「5秒間テスト」が興味深かったです。
長いのもあるので、私もまだ全部観られていませんが、大半は3分程度のビデオなので、年始に初心を思い出すべく観てみるのも良さそうです。

The 15 coolest interfaces of the year (Fast Company)

年間通して秀でていたユーザーインターフェースについてのまとめ記事です。
少し話題になって知っているものから、全く知らなかったものまで多く紹介されていて、将来的なインターフェースを考えるヒントになりそうです。
この中で紹介されている「歯のセンサー」に興味を持ちました。
違和感なく装着できるという意味で、人の体にチップを埋め込むという恐怖から逃れられる代替手段かもしれないと思いました。
あと、歯科医が儲かりそうです。