UX探訪記

UIデザインやUXデザインに関する記事を集めたり書いたりしています。

UX関連記事 (2018/4/16)

今朝は暴風雨の中マラソンをやってきました。会場に着くまでは、車でも外出を渋りたくなるような天候で戦々恐々としていましたが、走り始めた時は小康状態になったので助かりました。
さて、先週一週間くらいで私の気になったUX関連の記事を紹介します。

ユーザーの心を掴むヒントは“ハイパー・パーソナライゼーション“にあり (freshtrax)

Webサービスのパーソナライゼーションに関する記事です。
AmazonSpotifyの取り組みを「ハイパー・パーソナライゼーション」と呼んでいますが、今や広く知られてきていて、敢えて「ハイパー」を冠する必要もないくらいになっていると思います。
個人的には、知らず知らずの間に限られた選択肢の中で消費行動が行われていくことを良しとするのか?結果的に人々の自由が奪われていないのか?といったあたりが気になるところです。

『ハマる仕掛け』を作れば、習慣的にプロダクトを使ってもらえる。フック・モデルの活用事例 (Workship MAGAZINE)

私の大好きな『ハマる仕掛け』の著者による記事です。
ハマる仕掛け(フック・モデル)は、言ってみれば製品やサービスの利用の習慣化ですが、たまにしか使わない製品・サービスについてどう適用するかについて説明されています。
この「たまに」の度合いにもよっても変わってくるのかもしれませんが、この考え方はサービスデザインのアプローチに近いものを感じました。

サイト内検索の結果に商品画像を。「リッチサジェスト」でユーザビリティを向上させる (ECのミカタ)

検索候補を表示するのに画像も一緒に出すことで、ユーザーのわかりやすさやコンバージョンにつなげるという記事です。
やや宣伝的な内容ですが、これを読んで検索候補と検索結果の違いについて改めて考えさせられました。
サジェストは前者、インクリメンタルサーチは後者。ではこのリッチサジェストはどっちなのでしょうか。
そういう境界自体が無意味なのかもしれませんが、より商品訴求につなげるため個々のコンテンツを露出するなら後者の位置付けになるでしょうし、その場合はUIも検索結果的な見せ方が良いのかなと思いました。

現代のWebナビゲーションにおける4つのルール (UX MILK)

Webサイトのナビゲーションに関する記事です。
4つのルールとして挙げられているものは基本的なものですが、それぞれの説明はかなり充実していてわかりやすいです。
特にアイコンのラベルの項と、デスクトップとモバイルのナビゲーションの項は参考になります。

The Future of UX Design Is Automation (UXmatters)

将来的にUXデザインはオートメーション化されるという記事です。
イデアを形にする(プロトタイプをつくる)のにかける時間が短縮される、といった視点だけでなく、開発プロセス全体に関わる短縮化という観点でもまとめられています。
こういった世界が実現されると、企業のIT戦略もかなり変わってきそうですが、現状としては足元の小さなところから自動化・効率化できる部分を、マシンラーニングなどの最新技術を軸にして見つけていくのが堅実かもしれません。

How To Design Emotional Interfaces For Boring Apps (Smashing Magazine)

アニメーションやキャラクターを使って、退屈なアプリを楽しくするという話です。
そもそも退屈なアプリを設計しないようにするのが先決だとは思いますが、それはさておき多くの例が記載されていて、見ているだけでも楽しい気分になります。
なお、あまり関係ありませんが、この記事を読んで高杉晋作の辞世の句を思い起こしたのは私だけではないはずです。

UX関連記事 (2018/4/9)

先日はかなりの強風で、自宅は洗濯物干しが被害を受けました。そんな中出かけて行った私は、看板など飛来してこないかおっかなびっくりでした。
さて、先週一週間くらいで私の気になったUX関連の記事を紹介します。

「不安」をいかに解消するか。実証実験から見る自動運転のユーザー体験 (UX MILK)

自動運転に関するインタビュー記事です。
私も一度自動運転車を体験してみたいと思いますが、いつも乗る車両で運転士がいるものといないものがあったら、前者を選んでしまうと思います。
これを「不安」だと言ってしまうのは簡単ですが、その解消というのはなかなか難しい問題です。昨今の死亡事故などの報道があると、不安ではなく現実的な危険ということになってしまうからです。
いかに不安を根拠の薄いものにしていくか、まずはそこからだと思います。

心理学的な仕組みを用いてユーザーの行動を誘導するデザイン「ダークパターン」とは? (GIGAZINE)

ダークパターンについて、具体的な事例とともに説明されている記事です。
わかりやすく書かれているので、あまりこの方面に詳しくない方にとっても理解しやすいと思います。
私もいくつかメルマガを解除しようとして諦めているものがあり、こうなると発信元への不信感も生まれてしまいます。
それだけなら個人の問題ともいえるものの、この記事に書かれている「スパムメールが送られてしまう」問題は、他への迷惑もかかるので、何としても避けるべき設計だと思います。

AndroidiOSと同じデザインで!」と言われたときの対応案 (Qiita)

iOSアプリをAndroidに移植するときにデザイン観点で気をつけるべき点についてです。
この「同じデザイン」というのが曲者で、まずは何のために同じデザインにするのか、よく確認する必要がありそうです。
この記事では各UIコントロールをどう使うのかについて詳しく書かれています。
これに基づいて適用するコントロールを決めたり、あるいは共通化せずにMaterial Designのパターンを採用したり、と考えていくと良いように思います。

Amazonダッシュ・ボタンから学ぶ!これからのサービスデザインとは… (SeleQt)

Amazonダッシュボタンに関する考察記事です。
ユーザーとの継続的な関係を構築し、注文する手間を少なくしている点が取り上げられており、個人的にも確かによくできたサービスデザインだと思います。
これをもっと突き詰めると、ユーザーが注文したいと思ったとき、つまりストックが少なくなってきたタイミングを先読みして自動で注文、というサービスが考えられますが、消費財メーカーやAmazonは、すでにそのあたりの青写真も考えているのかもしれません。

Not Now (Prototypr)

「今はやめておく」とか「後で」といった意味のボタンについての記事です。
同じような傾向があることがたくさんのスクリーンショットで説明されており、わかりやすいです。
この記事で問題としているのは、「後で」を選択したときに次回も同じポップアップが登場する煩雑さで、解決策についても書かれています。
ただ、ポップアップ以外の良い手段(ちゃんとユーザーに伝わり、かといって迷惑にならないようなもの)も考える契機にしてみたいと思いました。

What HQ Trivia Can Teach Us About UX (Usability Geek)

HQトリビアは昨年末からアメリカを中心に猛烈な勢いで利用者が増えているクイズアプリです。
これについて、主にスケーラビリティの観点からUXがイマイチである点について指摘し、それでも使い続ける中毒性について記載されている記事です。
UXとは何ぞや?の話にもなってきますが、中毒性やコンテンツの魅力もUXに含まれると考えれば、これは良いUXといえるのかもしれません。
私もまだこのアプリ(というかクイズショー)をやってみたことはないのですが、やりだすとハマりそうなので、まだ手は出さないようにしたいと思います。

UX関連記事 (2018/4/2)

そろそろ桜も散りはじめてしまいましたね。大量に桜の花びらが舞っている姿を見かけますが、あの花びらはいったいどこへ消えていくのか気になります。
さて、先週一週間くらいで私の気になったUX関連の記事を紹介します。

メールアドレスの確認フィールドをなくすべき理由 (UX MILK)

メールの確認フィールドは間違い防止になっていないのでやめたほうがよい、という記事です。
6割の人がコピペしている、という調査結果など、興味深いデータが引用されていて参考になります。
このような、何となく必要だと考えているのを見つめなおすというのは大事だと思います。
ただ、代替案として提示されているものが、それほど良案とは思えません。
OpenIDを使って入力自体をなくしたり、ドメイン部分の入力補助をしたほうがより良いと思います。
そもそも何のためにメールアドレスを収集するのか、メールアドレス以外の連絡手段ではだめなのか、考えていく契機にしたいです。

人気のモバイルアプリに共通する11の画面 (Adobe Creative Station)

11種類の画面パターンについて記載された記事です。
「人気のモバイルアプリ」とありますが、元々が海外記事のため、あまりなじみのないものもありますが、これを見ると、多くのアプリが同じような画面パターンで成り立っていることに気づきます。
どれも重要ですが、5番目の「ユーザーの進捗」はしっかり対応できるとよいように思いました。
自分がどこまでやったか、ということが可視化されるので、ユーザーが今の立ち位置を客観的にわかるという点だけでなく、ユーザーが今までかけたコストもわかるので、それを無駄にしたくないというモチベーションにもつながると思います。

アマゾンのAIスピーカーで生活は変わったか? (日経ビジネスオンライン)

AIスピーカーに関する入門的な記事です。
私が注目したのは「生活が変わったかどうか」という観点で、結論としては、変わらないけど今後できることが増えて、使う側も使いこなしていければ変わっていくかも、という具合でしょうか。
「できることはスマホでもできる」というところが現状だと思いますが、個人のデバイスではない「家族のデバイス」として今後成長していくとおもしろくなりそうです。

ユーザーテストで一番大事なのは“観察”だと思う。 (Shusaku Umemoto)

ユーザーテストに関する記事です。
この中で記載されている「ユーザーテストに感じている疑問」の5項目はどれもありがちなものばかりです。
観察が大事という点については、ユーザーの声ではなく直面している事実に着目しようという意味で、ユーザーテストの基本的な考え方になります。
これはもうひとつのユーザーテストに対する疑問、「お客さんの言うことを聞いていたら、革新的な製品など出来ないのでは?」というものの答えになると思います。

7 UX Deliverables: What will I be making as a UX designer? (Interaction Design Foundation)

UXデザイナーが作る成果物についてです。
ペルソナやストーリーボードなど手法としてもよく登場するものだけでなく、ユーザーフローやユーザビリティレポートなども含めて成果物ベースでまとめられています。
最後のほうによく作られている成果物のランキングが出ていますが、1位の静的なワイヤーフレームを始めとして、Web上でよく話題となっている成果物とは隔たりがあるように感じます。
ごく一般的に作られているものにも、もう少しスポットライトが当たってもよいように思いました。

Best 5 UX Books Released In Q1 2018 (Sherif Amin)

2018年の現時点までに出版されたUX関連の書籍の紹介です。
海外記事なので当然全て英書です。
リンクもAmazon.comのリンクになっていますが、現時点でもAmazon.jpで買えるので、英語の得意な人は挑戦してみてもよさそうです。
英語がそれほど得意ではない私は、早く翻訳が出るといいなぁと思っています。
どれも興味深いものが紹介されていますが、特に3番目の「This Is Service Design Doing」は、サービスデザインの新しい教科書になりそうな予感もします。

UX関連記事 (2018/3/26)

この週末1泊で旅行に行ってきましたが、あろうことか着替えを丸々忘れてしまいました。脳内に先に春が来てしまったようです。
さて、先週一週間くらいで私の気になったUX関連の記事を紹介します。

デザインの主要トレンドとその未来―フラットデザイン、スキューモーフィズム、マテリアルデザインミニマリズム (Adobe Creative Station)

UIデザインのトレンドに関する記事です。
スキューモーフィズムからフラットデザインといった流れが一通り記載されていて、あまりこのあたりに詳しくない方にとってはわかりやすくまとまっていると思います。
スキューモーフィズムについては、この記事では「過去のもの」と言っていますが、海外の記事では多少見直される記事も散見されるので、良い点(現実社会と同じように理解でき、操作できる点など)は押さえておくとよいと思います。
いずれにしても、最後に書かれているミニマリズムの潮流については今後も継続するトレンドだと思います。

モチベーションを考える--課題解決のためのUI/UX (ZDNet Japan)

モチベーションとUXに関する記事です。
「棚の奥にある器具」という表現は言い得て妙で、いかに利用開始までのハードルを低くするかが大切です。
後半に予期的UXの話も出てきていますが、ハードルがいくら低くても、後で事前の期待とずれた内容であると知る、というのは良いUXとはいいがたいです。
その意味で、使い始めようとするときにいかに適切にバリューを伝えられるかも大事だと思います。

ネットワーク接続状況とUIデザイン (CrowdWorks Designer Blog)

ネットワークの接続が悪いときのUIに関する記事です。
状況をどう伝えるかについて、全画面でわかりやすく表示するものとか、メッセージを少しだけ表示するものが紹介されています。
個人的に困るのは、こういう状態から復帰するときにコンテンツが読み直しになってしまうケースです。
仕方ない部分もあると思いますが、どこまで見たかがわからず不便です。
それにしても、この記事の著者は日本語を勉強中にしてはとても上手で、自分ももっと英語を頑張らないと、と思えてきます。

Retty流 User Happyのつくりかたvol.2 デザイナーによるiOS版アプリのUI/UX改善事例 (CREATIVE VILLAGE)

アイコンを変更してわかりやすくしたことに関する記事です。
こうしたアイコンは独自のものを作りたくなりがちで、このケースでも元々はそうだったのかもしれません。
それを標準的なものにするという決断をするのは内部の説得が難しい場合も多く、その意味で素晴らしいと思います。
事後の評価も上々のようですが、これ以外の施策の影響がどの程度あるのか気になるところです。
うまく本件の成果だけを分離したり、定性評価で確認したりできると良さそうです。

5 steps to a hypothesis-driven design process (InVision Blog)

仮説ドリブンのデザインプロセスの紹介です。
けっこう長い記事ですが、プロセス全体がわかりやすく解説されています。
赤い字のところ「アイデアを思いつくのは簡単だが、正しい問題を解決するのは難しい」というのが大事で、このプロセスを実施する理由にもなるものだろうと思います。
最後のほうにある「私たちは『知らない』ということを知らない」という言葉も大事で、自分の業務もちょっと振り返って考えてみる必要があると感じました。

4 Most Hated UI Tricks (Webdesigner Depot)

主にWebサイトにおけるUIコントロールで、避けるべきものについて記載されている記事です。
初めの3つの項目はダメなものもよく見る一方で、使い方を間違わなければ良いUXを提供できるものだと思います。
ただ、一番最後のスクロールハイジャック(ブラウザー標準のスクロールバーではなく、自前のスクロールバー(的なもの)に置き換えれているもの)については、なかなか良い使い方は難しいと思います。
どちらかというと提供者側の自己満足になってしまいがちなので、使うこと自体を避けたほうがよさそうです。

UX DAYS TOKYO 2018 に参加 #uxdt2018

f:id:junichiirokawa:20180322235828j:plain

3月16日にUX DAYS TOKYO 2018 に参加してきましたので、簡単に感想を書いてみたいと思います。

3日間あって、私はカンファレンスだけの参加。
かなりたくさんの方が参加していました。

インターフェースの多様化

大きな話題としては、インターフェースの多様化かなと思います。 今まではUIといえばGUI だけだったのが、ARとかVUI(音声UI)などの話題も多く、様々に広がっています。

会話型UI(チャットボット)の話もありました。
これはGUIのうちに入るのかもしれませんが、CUI(カンバセーショナルUI)と説明されていました。
CUIと聞くと、ついコンソールアプリケーションを思い浮かべてしまう私は古い人間なわけですが、考えてみれば現在のインターフェースの多様化は、CUI(コンソールUI)がGUIに代わって以来の大きな変化だと言えそうです。

JTBDとサービスデザイン

個人的にはセッション1と2が興味深かったです。
セッション1の Jobs To Be Done はこのところ急速に注目を浴びてきていて、私も取り入れたいなと思っているところです。
ただ、「JTBD」という略称はやや長く、何だか旅行に出かけてしまいそうな響きがあります。
もう少し良い略称があればよいのですが。

セッション2のサービスデザインについては、一昨年に行ってきた Service Design Global Conference でも登壇していた Jamin。
以下のスライドが印象的でした。 ツイート主によると、昨年のSDGCではこのスライドも使っていた模様。

やはり一番難しいのはこの「adaptor」ですよね。 左側でいくらうまくやっても右側につながらなければ意味がなくなってしまうためです。

所感

ということで、個人的には最近の潮流がわかりやすく、刺激の多いカンファレンスでした。
昼食もおいしかったし、満足度は高めでした。

改善の余地がありそうなのが、最後の質疑応答コーナー。 あらかじめ皆さんからWeb上に質問を投稿し、その中からピックアップしてスピーカーが回答するという方式で、この仕組み自体はとてもよかったのですが、ピックアップされた質問が「なぜそれ!?」というものが多い印象でした。
カンファレンスを聴いた人が「是非質問してみたい!」と思うような質問を選別するというのは、ちゃんと内容を理解しておく必要もありますし、意外と難しいのかも、と思いました。

より良い問いを見つけるスキルは私も磨いていきたいです。

UX関連記事 (2018/3/19)

この週末はかなり暖かく、東京では桜も開花したようです。私は遊園地に繰り出して一日中遊んでしまい、早速日に焼けてしまいました。
さて、先週一週間くらいで私の気になったUX関連の記事を紹介します。

透明かつ自動化するUIデザイン (could)

ストーリー型のUIを取り上げて、UIの進化や今後の方向性について解説した記事です。
ユーザーがほとんど操作せずに知りたい情報にアクセスするできるならそれに越したことはないと思いますが、そうなるとテレビと同じようなリーンバックのスタイルになり、接触時間は増加しても、個人の関与のレベルはそれほど高くない状態が主流になるのかもしれません。
ジェスチャー操作についても書かれていますが、個人的には「それを知っているかどうか」で分断されるといった、新たなデジタルデバイドを生み出すのではと懸念しています。

UX競合分析を行うメリットと実施方法 (UX MILK)

競合分析について説明した記事です。
「彼を知り己を知れば百戦危うからず」という言葉の通り、競合他社の提供している体験と自分たちが提供している体験をちゃんと分析し、比較できると良さそうです。
この分析の難しさは、競合他社の情報が出揃わない場合があること。そのために自ら他社サービスを体験しても、限られたユースケースしか確認できない場合が多いです。
完璧な調査ができれば理想的ですが、そうではない場合にはそれを意識しつつ比較できるとよさそうです。

「チームPerfumeによるライブ」 これってもしかして、UXデザインになりませんか? (Bikky)

良いUXデザインの事例として Perfume のライブを挙げている記事です。
あまりに褒めちぎっていて、かなり贔屓目で見ていることを差し引いて読む必要があるかもしれませんが、このように十分に観察し、その要素を分析するのは大事だと思います。
Perfume に限らず、ライブの体験は優れているものも多く、UXデザイン、あるいはサービスデザインを考えるとき、とても参考になるような気がしています。

マンガなら最後までコンテンツが読まれる?マンガをヒートマップ解析してみた (ferret)

マンガだと最後まで読まれる、つまりスクロールしてもらいやすく、CTAにつながりやすきという記事です。
確かに私も振り返ってみれば、よく自宅に送られてきた進研ゼミのマンガはいつも目を通していた記憶があります。 ただ、当時はそこから進研ゼミを契約しようとは思わなかったので、マンガだからと言ってCV率向上につながるかどうかは怪しげです。 自社の製品、サービスの良さを知ってもらうためのストーリーを考えたうえで、どう伝えるかを検討する中で、マンガがそのひとつの伝え方になる、という位置づけが良さそうに感じます。

List vs grid: which is best for your UX design? (Justinmind)

モバイルアプリで一覧を作るときに、グリッド形式がよいかリスト形式がよいかの記事です。
前者は画像主体のコンテンツ向き、後者はテキスト主体のコンテンツ向きというのが定跡ですが、それに加えて、リスト形式はスクロールするのに適しているなど、詳しい情報が書かれています。
ここで紹介されているリスト形式は、どちらかというとグリッドリストに相当するものだと思います。
また、グリッド形式は画面サイズによってはスクロール方向がわからなくなるので注意が必要です。

The Future Of Mobile Web Design: Video Game Design And Storytelling (Smashing Magazine)

いくつかのビデオゲームのデザインについて実例を取り上げ、ストーリーテリングの重要性などについて記載している記事です。
やや長いですが、見慣れたゲームの画面も出てくるので、意外とあっさり読めてしまうかもしれません。
最初の「ヒーローに仕立て上げる」という内容については、最新のゲームでアバターを詳細に作ることが可能なものが増えてきていますが、そういうところで主人公への共感度を増すと言えそうです。
それ以外にも、ゲームにおけるミニマリズムのWebデザインへの応用など、参考になることが多く記載されています。

UX関連記事 (2018/3/12)

昨日でちょうど震災から7年が過ぎたわけですが、あまり年月を感じない気がします。それほど強烈な印象、大きな事件だったのだと思います。発生時刻には黙とうをささげましたが、ちょうどスタバにいて、店員と一緒にやりました。
さて、先週一週間くらいで私の気になったUX関連の記事を紹介します。

モバイルアプリの正しいパーソナライズとは? (UX MILK)

パーソナライズの重要性について、テストの方法も含めて記載されています。
カスタマイズの進化形がパーソナライズというのはその通りですが、パーソナライズは選択肢が与えられない分、いかに適切な内容であるかが問われます。
記事にあるようなテストを繰り返すことで精度を上げていく一方で、ユーザーの自由度を残すこととのバランスや、使い始めでユーザーのデータが蓄積されていないときにどう見せるのかも含めて考えていく必要がありそうです。

11のサービスデザインの定義まとめメモ (hiranotomoki)

サービスデザインの定義について、多くの解釈を載せています。
元々扱う範囲が広いので、定義も少しずつニュアンスが変わっていますが、それぞれの提唱者のバックグラウンドに依存しているようにも思います。
かくいう私は、サービスデザインを「UXデザインを中心に据えつつもビジネスの視点を重視し、事業者側のデザインも行いつつ特定のモノだけでなくサービス全体をデザインするもの」と捉えています。

ミラーの法則から学ぶUXデザインにおける情報設計のルール (Web Design Trends)

マジカルナンバー7に関する記事です。
記事のはじめにテストがあるので、ネタバレになるようなコメントは避けたいと思いますが、とにかくミニマルデザインやモバイルファーストの潮流を考えると、なるべくUI上の情報量は減らしたほうがよいと思います。
ただ、選択肢の数という意味では、よくよく考えてみると、ミラーの法則よりもジャムの法則(たくさんあると選択しにくくなる)のほうが大事なのではないかと思います。

おとぎ話に見たUXの落とし穴 (SEO Japan)

赤ずきんの話を元に、本質的なユーザーゴールを達成するようUXを考える必要があるという記事です。
けっこう長く、おとぎ話は別にいらないのでは、と思うくらい実際の例も多く登場します。
これを読むと、ユーザーへの利便性を考えていると言いつつ、実際には提供者視点になっている場合がありそうだということを感じます。
収益を上げるのはビジネスとして必須要素ですが、UXデザイナーを名乗るからにはユーザーゴールが何なのか、常に意識せねばと思います。

UX Design is a Maze (UX Planet)

「UXデザインは迷路である」という、タイトルだけ聞くとUXデザインの問題のように錯覚してしまいますが、ゴールを明確にしておくとブレずに到達しやすい、という話のようです。
迷路を逆からたどるのは私は邪道な感じがして好きではありませんが、UXデザインにおいては、ユーザーゴールを常に意識しながら進むのが正しい考え方だと思います。
最後のほうに少し書いてありますが、ユーザーゴールに導く方法はひとつではないということ。
ここが迷路とは根本的に異なるところで、UXデザイナーの腕の見せ所でもあるのかもしれません。

Steve Jobs on 6 key principles of user experience (Userfocus)

スティーブ・ジョブズの名言(一部はあまり知られていないものもありますが)から、6つのUXの原則について説明した記事です。
こうして見てみると、ユーザーのことを真剣に考えているなというのを改めて感じます。
私が好きなのは「デザインとはどう機能するかを考える」という2つ目の引用です。
スティーブ・ジョブズの名言、という観点では、ほかにも名言がたくさんあり、いくつか本も出ているのでご覧になるとよろしいかと思います。